×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

体調を崩すダイエット

体調を崩す食事制限ダイエットから卒業しませんか?

体調を崩すダイエット

美しく痩せるためにはバランスの良い食事と運動することが必要である。
誰もが頭ではわかっていることですが、運動と食生活に気をつけることは最初はいいものの継続するのは非常に大変なこと。

行動を起こすよりも、行動をやめることの方が楽だと思う人の方が多いのではないでしょうか?
手っ取り早く痩せたいがために、食事を極端に減らしたり・抜いたりすると確かに最初は効果があるでしょう。

しかし、過度な食事制限はリバウンドしやすいだけではなく、体調を崩す原因になる。

肌荒れ・抜け毛からはじまり、鉄分不足による貧血や疲労感・冷え性の症状。
食物繊維の不足による便秘、栄養バランスの崩れからくる頭痛・めまい・吐き気。

体調を崩した例を上げればキリがないぐらいです。
さらに栄養不足が酷くなると、骨がスカスカ状態になり骨粗しょう症を発症する可能性もあります。

ある統計では、20歳前後の女子学生の6人に1人は骨密度が50才並み、という恐ろしいデータも存在します。
原因の一つに過度の食事制限が挙げられており、海外ではモデルの女性が死に至ったという例もあります。

女性の場合は食事を急激に減らすと、ホルモンのバランスが崩れ生理不順になるケースもあります。
さらにその状態が続くと不妊症になる例もあるので十分注意をしてダイエットを行うべきです。

ホルモンのバランスが崩れると精神的バランスも崩しやすく、うつ状態になる可能性も高くなります。
過度なダイエットが拒食症や過食症の摂食障害を引き起こす例も少なくありません。

良いことが一つもない過度の食事制限は絶対にさけるべきといえるでしょう。

食事制限では限界がある

食事制限のダイエットには限界があります。
それがダイエットの停滞期です。

食事制限をすると必ず停滞期がきます。
そして待っているのが”リバウンド”です。

食事制限をすると痩せにくい体質になっていますから、次のダイエットは更に苦しくなります。

食事制限のダイエットは体調を崩す原因になるだけでなく、太りやすく痩せにくい体質になるのですね。

ダイエット 停滞期

Copyright © 体調を崩す食事制限ダイエットから卒業しませんか? All rights reserved